スタッフブログ

藤井 昭二 自己紹介へ

ソラマドキッチンの使い方

2020/05/02(土) 家づくりのこと

こんにちは 

今日は改めてソラマドキッチンについてお話ししたいと思います。

打ち合わせをしていてお客様から

『ソラマドキッチンはとても素敵だけど、カップボードに食器が少ししか入らないですよね。。。』

というような声をよく聞きます。

たしかに、モデルハウスではこんな感じでディスプレイ感覚で使っています。

ただ、実際にお客様にもこの大きさのカップボードを提案することが多いです。

なぜなら意外とたくさんの食器が入るからです。

という事で、実際に試してみました。

4人家族を想定して、お茶碗やお椀、大小のお皿など、計53点。コーヒーカップやグラスで計19点。

合計72点の食器をカップボードに入れてみました!!

向かって左のボックスに、お茶碗やお皿、真ん中にコーヒーカップやグラスが入っています。そして、少し空きスペースあり。

なんと、右側のボックスは使っていないんです。

ソラマドのカップボードは実は意外と収納力があるんです。

もちろん、ご要望があればカップボードを大きくすることもできますよ。

今回の検証は動画撮影していて、GW明けにはYouTubeに載せますのでそちらも見てみてください。

今年のGWは『STAY HOME』ですね。

『ソラマドの家』はお家が楽しくなる家です。

この機会にぜひご検討してみていただきたいです。

 

大倉ホームとは、島根県出雲市を中心に、注文住宅を手掛ける、家づくり専門の工務店です。

1981年の創業以来、地域密着で住宅建設、不動産の分譲事業など一貫して住まいづくりに携わってきました。

39年の歴史で培った家づくりのノウハウをお客様の家づくりに活かしていきます。

山陰(島根・鳥取)での『ソラマドの家』はお任せください。

『こんな家に住みたい!』というイメージは人それぞれ。

私たちは、その片が新しい家でどんな生活をされたいのか、を大切に考えています。

営業から設計・施工・アフターメンテナンスまで一貫した自社管理体制による、きめ細やかな対応を心がけています。創業以来、根を張り続けている出雲の地で常にお客様の視点に立ち『夢』をお預かりし、心から納得、安心、満足していただける理想のマイホームとライフスタイルの実現をお手伝いしている工務店です。

 

記事一覧|2020年05月

ページトップへ