建築面積と延床面積に違いとは何ですか?

建築面積は建物を真上から見たときの面積です。

一般的な住宅では、1階部分の面積と同じになります。しかし、設計によっては1階より2階の面積の方が大きいことがあります。

その場合は2階の面積になることもあります。庇やバルコニーの出幅が1m以上の場合は先端から1m下がった部分まで、建築面積に含まれません。

延床面積は全ての階の床面積を合計したものです。2階建ての場合は、1階部分の床面積と2階部分の床面積を合計した数字が延床面積になります。

 

よくあるご質問|土地のこと

ページトップへ