なぜ登記をしないといけないのですか?

日本では、不動産取引の安全性と円滑化を図るため、不動産の現況と権利関係を登記簿に記録することが必要です。

登記をしないと自分が所有者であることを他の第三者に主張することができないことになります。

よって、銀行の土地や建物を担保に金融機関からの融資を受けることもできないということです。

不動産登記は、大切な財産である土地や建物の所在、面積のほか、所有者の住所、氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載することにより権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑を図る役割を果たしています。

詳しくはご相談ください。

 

よくあるご質問|土地のこと

ページトップへ